はたらくことの歓びを広げよう

お金は大切。人生100年時代だし。長く生きるために、年齢に関わらず年金以外の継続的な収入が必要な時代になりました。

そんな時代の変化に伴って、様々な“稼ぎ方”が生まれているようです。
「収入=仕事」というわけでも無いようで、仕事の概念が変わった、と言っても良いのかもしれません。
価値観の違いや、好き好きもあるでしょう。

でもやっぱり私には伝えたいことがあります。
「『はたらく』は楽しい」
もちろん、どんな人にも共通のことではない。働きたくない人はいっぱいいるし、楽しい仕事なんて一握りだし、本気でやっていたら厳しさは必ずある、ぜんぶ本当のこと。
でも根本的に「それは好きなこと、得意な仕事ですか?」という問題がある。

子どもは皆、必ずと言っていいほど、好きなことやモノがあります。
それはアンパンマンかも知れないし、電車だったかもしれないけど、それも好きのうち。本当に本当に好きだったものをずっと好きでい続けたら。年齢と共に好みが変わっても、好きをずっと追いかけ続けたら。
それはきっと『はたらく』に繋がる。

それを普通にできる世の中にしたい。
近頃、強く強くそう思います。
自分が本当に仕事で歓びを感じているから。この気持ちを、たくさんの子ども達に素直に伝えたい。好きを追いかけ続けることを許してもらえた自分は幸せだなーと改めて感じます。
子ども達に伝えるためにも、「ママやパパの好きって何だった?」から聞いてみたい。
働くことは幸せなこと。世代を越えてそれを語り合える未来を創っていきたいです(^-^)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トトへのコンタクト

トトへのコンタクトはこちら