自立できるかできないか

2020年は大きな変革の年と思っていましたが、ここまでの事態に。生死についてリアルに感じられるようになってしまいました。
政府や医療の正しいあり方を求めるだけでなく、個人のふるまいも変革を求められていますが、そのメインが「ライフスタイルの変革」です。従順な国民性を持つ私たち。正しい情報を選んで、何に従うのかを判断し、家族や地域で同じ方向を向いて暮らしていくことが必要になってきました。
本音で語り合いながら、自分と大切な人を守ることができるライフスタイルを構築したいと感じます。

それは「自立前提のライフスタイル」。
これまでのような依存前提の社会はもう成り立たないし、戻りたくもない。
怒りを通り越し、呆れしか覚えない政府対応に、感情を振り回されることも許したくない。
自立を実現するには、このような態度が最低限必要だと思う。

そして、自分はどう生きるのか。

家族のあり方をどうしたいのか。

不安を蹴散らし、呆れは全てネタにして笑い飛ばし、今を誠実に生きながら、時代の変わり目を存分に味わって、本当の自立を目指していきたいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トトへのコンタクト

トトへのコンタクトはこちら