緊張からの解放

閉塞感は「緊張」を生むなぁ、と感じています。
正しいか間違っているか、常識か非常識かを問われる環境は、実は逆に安心安全をおびやかし、私たちの心や体を緊張させます。緊張した体は、血液、リンパ、気の流れが滞って免疫が正常に働きにくくなり、外から入ってくるものに過剰に反応して炎症を起こしたり、力が発揮できずにウィルスが優勢になったりしてしまいます。

できるだけ平常心を保とうとしていても、未来に感じる不安や不用意に湧き出る怒りから、安心して眠れなかったり、身体が固くなっていたりしています。うがい手洗い、マスクや消毒、抗菌など、できる対策はしながら「リラックスできる工夫」をしていきたいと思いました。
昨年学んだレイキのおかげで手当てや瞑想が習慣になり、体をリラックスさせられるようになったので、家族にも少しづつ伝えています。
そして何より「笑顔」でいること。心配や不安に取りつかれないよう、それを“ネタに変換”して笑い飛ばしたり、小さな喜びを見つけて楽しい会話をしたり。
健康に気遣いながら、心と体を緩めるようにしていきたいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トトへのコンタクト

トトへのコンタクトはこちら