ヒーリングCaféを通して

ヒーリングと最初に出会ったのは2012年。久しぶりの再会だった親せきから「レイキヒーリング」を、うちの旦那さんにしてもらったのが最初でした。「目に見えない世界と目に見えている世界が混同している。それは不自然。普通ではない」と思ってた彼の日常を、急にリアルに、そして身近に感じた出来事で、それをきっかけにして“人と言う存在”や“たましい”“宇宙”などのとらえ方について学ぶ機会が次々とやってきて、自然な形で受け入れてきました。

幸いなことに、大きな抵抗が無かった。むしろ腹に落ちる感覚。
「なるほどね」と納得すると同時に、肉体への執着がなくなっていく。
病気の旦那さんへの怒りがなくなっていったり、自分や子どもたちの選択を“たましいレベル”で考えられたり。
「ラクになった」という言葉がしっくりくる感じがします。

そんな自分の実感もあって、とうとう2018年6月にトト.ライティングで「ヒーリングCafé」がスタートすることになりました。まさか、自分がヒーリングイベントの企画側になるとは思いもしませんでしたが、サロンKの石田佳子さんとの偶然の出会いがあり、ご縁が深まって、仙台に遊びに!という軽いノリで始まりました。

1回限りかもと思っていた「ヒーリングCafé」がこんなにも続いたのは、参加してくれたメンバーの「石田さんとレイキをやりたい!」という思いからでした。半年後の12月にはレイキ講座レベルⅠが実現。2019年4月にはレベルⅡ、そして今回レベルⅢ、マスター講座まで、ヒーリングCaféも同時開催しながら4回も続きました。

レイキ講座のメンバー6名は、私と繋がっている以外はまったく接点のなかった人たち。
個人セッション延べ20名以上、レイキシェアリング延べ30名ほど参加してもらいましたが、こちらも様々なメンバーがそれぞれの思いで参加しました。
自分がヒーラーになるなど全く興味のなかった私まで皆に動かされ、流れに身を任せ、石田さんの後押しを頂きながら、マスターまで学ぶことになりました。

振返ってもなにもかも不思議でなりませんが、少なくとも「風通しは格段に良くなった」。そのために、この流れがあったのか、ということは強く感じます。

全く予想外の展開になったトト.ライティングですが、ここからが本当のスタート!?という感じもします。5年後、10年後の「予想外」も楽しみにしながら、ますます流れに身を任せていこうと思います。
2年間、湘南から笑顔で通って頂いた石田さん、本当にありがとうございました。そして、トト.ライティングを信頼して集い、共に精神性を高めてくれた皆に、心から感謝。また石田さんに来てもらえるトト.ライティングであれるよう、皆との信頼を深めていきたいです(^-^)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トトへのコンタクト

トトへのコンタクトはこちら